2021年8月16日月曜日

【弓道部】令和3年度北信越インターハイ報告





    7月29日(木)、新潟県上越市の謙信公武道館で行われた北信越インターハイ個人競技に出場してきました。予選通過はなりませんでしたが、山形県代表として頑張ってきました。以下は選手本人の振り返りです。

 私は今回、上越市謙信公武道館で行われたインターハイの個人競技に出場させていただきました。 

 私はこれまで大きな結果を出すことができなかったので、高校生活の最後の部活でインターハイに出場することができて本当に良かったと思っています。

 会場に公式練習で初めて入ったとき、これまでとは違う雰囲気に息を呑みました。射場に入場したときも今までの大会よりも空気が張り詰めていてとても緊張しました。

 本番ではさらに緊張してしまって、いつもより早く離れてしまい自分の思っていたような射ができず、4射1中で予選敗退という結果となりました。ですので、周りの堂々と引いている選手は本当に凄いと思いました。私は人前だと緊張しやすいので他の選手のように人前でも自分をコントロールできるようになりたいです。

 試合の結果としては今回は少し悔いが残りましたが、今回の経験を今後の受験生活に活かしていきたいです。

 これまでご指導くださった皆さん、本当にありがとうございました。後輩の皆さん、これからも頑張ってください。光陵弓道部をよろしくお願いします。


               第10代部長 佐藤瑞輝
















2021年7月19日月曜日

【弓道部】オランダちゃんご来訪!


 開会間近に迫った北信越インターハイにむけ、学校では先週から選手激励会がたて続けに開催されました。そんな中、7月14日には珍しいお客様が道場に来訪されました。

 なんと、酒田市で長く愛されているアイドルのオランダちゃんが、弓道部に差し入れを持って来てくださいました!

 酒田米菓株式会社さんがアスリート向けの新商品を開発され、部員全員への贈り物として弓道場に足を運んでくださったのです。

 「庄内米を食べて、ねばり強く勝利を目指してください!」という激励もいただき、部員一同この夏は勝利に向けて更に熱く稽古に励むことができそうです。

 酒田米菓さん、ありがとうございました!




2021年6月8日火曜日

【弓道部】県高校総体 男子個人競技優勝




 6月4日から6日にわたり、鶴岡市朝暘武道館弓道場を会場に県高校総体が行われました。本校からは、個人競技で男子2名と女子5名が、団体競技は男子女子ともに出場しました。

 結果は、男子個人競技で部長の佐藤瑞輝(3年)が優勝し、7月に新潟県上越市で開催される北信越インターハイへの出場を決めました。普段と変わらず穏やかに、迷いなく自分の射を続けた結果の勝利でした。男子個人競技では一昨年の前回大会でも当時の安田尊部長が優勝しており、連覇という快挙です。なお、本校のインターハイ出場は3大会連続で、計4回目となります。昨年度大会が無くなってしまった中でも後輩にしっかり心と技を指導してくれた今井雄琉前部長に感謝します。

 残念ながら、他はすべて健闘虚しく予選敗退となりました。団体競技では男子女子それぞれ総力を挙げて臨みましたが、女子チームは予選6位で、惜しくも上位5校による決勝リーグへの進出はなりませんでした。男子チームが手にしていた優勝旗は来年の奪回を目指します。



 今後の部活動は2年生が中心となり運営されます。高い目標を掲げて様々な工夫を取り入れながら活動を充実させてくれた歴代の先輩方同様に、みんなで協力しあって、たくさんの試行錯誤を積み重ねてほしいと思います。










2021年4月5日月曜日

弓道部 令和3年度第1回校内射会

 

 令和3年度最初の土曜日、弓道場周辺の桜が花開く青空のもと、校内射会を行いました。4月17日に開催される地区高校弓道大会に向けた校内予選会の位置づけで、大会本番同様一人12射を坐射(ざしゃ)で行射しました。

 的に向かう部員達の集中が射場の空気を凛と引き締め、そしてその静寂を破るかのように弦音(つるね)と的中音が淡々と続きました。部員一同、心技ともに上昇基調にあるようです。

 校内射会は春休みの間にもう一度行います。県高校総体出場権がかかる地区高校総体まで残りひと月あまり。一矢毎に全霊を込め、今年度も全員で高みを目指していきます。




 

 

 

 


 













2021年2月19日金曜日

弓道部 3年生を送る会

    建国記念の日の2月11日、弓道部にとって毎年この日は、世代交代の節目の日です。今年も3年生を送る会を開催しました。

 今年はコロナ禍により、例年行っていた射会、保護者の方々と一緒の会食はできなかったため、生徒と顧問・コーチだけの懇親会となりました。企画・準備・運営は2年生部員を中心に進めました。

 さて当日、会の始まりは段級位認許状の授与、そして地区新年通信大会の賞状伝達と続きました。3年生から、自分たちが手ほどきをした後輩たちへ賞状と賞品が手渡されました。




 その後はお楽しみビンゴ大会、余興披露と続きました。

 最初の余興は、1年生の初々しいダンスです。



 続いて2年生女子のダンス。さすがに息がぴったり合っています。



 2年生男子もダンス。普段静かな彼らもエネルギー放出!


 たくさんの先輩たちが、こうして舞台に立つことに慣れ、その楽しさを知ってきました。この舞台度胸は弓道の勝負強さにつながるはず(顧問の願いです)。

 動画の上映があり、会のクライマックス。3年生から後輩へのメッセージです。ひとりずつ部活動を通して学んだこと、自分の進路、後輩たちへ伝えたいことを語ってくれました。

 
 

 

 




 それぞれ持ち味の違う3年生。ユーモアあり、冷静な分析あり、愛情のこもった言葉が語られました。

 後輩達からの思いは、色紙に込められました。




 お世話になり、支えていただいたコーチから、一人ひとりとの思い出と激励の言葉が贈られました。



 ありがとう3年生の皆さん。今年度はコロナ禍で大会の思い出はつくれませんでした。それでも、進路活動で忙しくなった夏の初めまで学校弓道場に足繁く通い、後輩の指導を熱心にしてくれていたその姿、かけてくれた言葉、優しさを弓道部一同いつまでも忘れません。卒業後は未来に向けて大きく羽ばたいてください。皆応援しています!

 最後になりましたが、これまで支えてくださり、送る会でもさりげないご配慮を賜わりました保護者会の皆様、誠にありがとうございました。改めまして感謝申し上げます。




























































































































 

2021年1月25日月曜日

飽海地区高校新年通信弓道錬成大会

   久しぶりの好天に恵まれた1月23日、本校弓道場にて行われてた標記大会に参加しました。この大会は地区新年大会の代替大会で、9日に開催が予定されていながらも、当日の大雪で中止となった大会です。


 各校で行射した後に結果が集約され、地区内順位が決定します。現在の自分たちが実力的にどこに位置しているのかを知るまたとない機会です。

 校内順位は、第1位が佐藤帆純さん。最初の立ちで初皆中を出し勝利をつかみました。第2位は遠近競射で見事に正鵠を射抜いた伊藤和音さん、第3位が齋藤直生さんという結果でした。

 地区全体の結果は後日となります。楽しみですね。









 



2020年11月9日月曜日

山形県高等学校新人弓道大会結果


 11月7日(土)・8日(日)の二日間、山形市総合スポーツセンター弓道場において県高校新人体育大会弓道競技が開催され、本校の結果は下記のとおりとなりました。

【女子個人競技】第4位タイ 梅津春奈


    (写真一番右が梅津選手   順位決定戦より)

 東北大会出場権をかけた射詰競射では2本目で惜しくも敗退しましたが、終始立派な射を見せてくれました。


【男子団体戦】ベスト8  

   黒井大雅、相馬瑞希、佐藤空都、佐藤瑞輝、斎藤直生、阿部賢太郎、足達萩


 2年生3人と1年生4人からなるチームで挑みました。予選を6位で通過し決勝トーナメントに進出。1回戦で東桜学館と対戦し9中対10中で惜敗しました。最後の1本まで抜きつ抜かれつの勝負が続いた見応えのある試合でした。

 入賞こそありませんでしたが、県内高校の中で自分たちが今どこに位置しているのかを確認できた大会となりました。来年の県総体までには実力を上げ、再び上位入賞を狙います。

 一同誓いを胸に会場を後にしました。